自分の体型を骨格診断する方法とは

このコラムをシェアする

骨格ストレート体型とは

骨格診断で、ヒップやバストにボリューミーな肉厚感があり、腰の位置が高めで、首は短め、バストトップの位置は高めで筋肉が付きやすいという方は骨格ストレート体型の可能性があります。
骨格ストレート体型の方の場合、これまでトップスに選んできたアイテムには、比較的シンプルなものを好み、Vネックなど首元が開口したものが使いやすいと感じてきたはずです。
太ももは太めなので隠したい。
その反面、すねはまっすぐで露出することに抵抗を感じないという傾向があります。
また手の大きさは比較的小さめという場合が多いようです。
特に判断しやすい特徴としては骨格ストレート体型の方は、まっすぐ立ってみると体型から見て首が短めに見える、鎖骨が見えづらい傾向にあるとこのパートに属している可能性があります。

骨格ストレート体型に似合うファッション

骨格ストレート体型の方は、比較的トップスに装飾が多いものを着ると着ぶくれしやすい傾向にあります。
これまでフリルやビジューの多いトップスを着て、着ぶくれした経験があれば骨格ストレート体型の可能性が高いです。
そんな骨格ストレート体型の方に似合うのは、首元が広く開口したファッションです。全体的にストレートな体型にあるため、首元をすっきりと見せることで全体がスリムに見える傾向にあります。
例えばVネックや首元が広く開口したシャツは最適ですが、素材選びも大切です。
しっかりした生地だと、骨格ストレート体型の人は着ぶくれしやすくなってしまいます。
サテンやレーヨンなど、柔らかい印象の生地を選ぶ方が良いでしょう。
カジュアルなアイテムよりも女性らしいアイテムをトップスに加えることでスタイルアップを図れます。